礼拝説教

2022年05月22日

あなたには、わたし以外に他の神があってはならない。

出エジプト記20章3節 (抜粋) 私たちは神を礼拝し賛美します。私たちは口で「他に神はいない」と言うでしょう。 しかし、私は本当に神を中心にして生きているのか、実は神様以外の神々を崇めて 歌い踊っているのではないかを立ち止まって考えるべきです。 神...

2022年05月15日

タラントのたとえ

マタイの福音書25章14‐30節 (抜粋) イエスさまが私たちに託した使命と財産があるのです。私たちに託された財産は、この世界です。 ですから、イエス・キリストを信じて救われた私たちは受動的に生きるべきではありません。 イエスさまが再び来られるときまで、...

2022年05月08日

イエスの御霊がそれを許されなかった

使徒の働き16章6-10節 (抜粋) 人生には、神様の前にひざまずいて従わなければならない時があります。 神様が何を求めておられるのか、分かりますか? 神様は私たちに真心を求めておられます。 神様が求めておられるのは、私たちとの関係性です。 神様が欲し...

2022年05月01日

このことを信じますか

ヨハネの福音書11章24‐26節 (抜粋) イエス様の十字架は私たちに何をお示しになったのでしょうか。 イエス様の十字架は、人の目には失望と失敗のように映りました。 しかし、イエス様の十字架は勝利でした。 イエス様の勝利は、十字架の死を回避したのではあ...

2022年04月24日

復活したイエス様に出会ったペテロ

ルカの福音書22章31‐32節 (抜粋) ペテロと弟子たちが魚を引き上げて岸に戻ると、イエス様は岸で待っておられました。イエス様は復活の身体をまとっておられました。 その身体には十字架に張り付けられたときに受けた釘と槍の刺し傷がありました。イエス様がお...

2022年04月18日

蘇られたイエスキリスト

ヨハネの福音書20章19節~23節 "その日、すなわち週の初めの日の夕方、弟子たちがいたところでは、ユダヤ人を恐れて戸に鍵がかけられていた。すると、イエスが来て彼らの真ん中に立ち、こう言われた。 「平安があなたがたにあるように。」 こう言って、イエスは...

2022年04月10日

先の者があとになり、あとの者が先になることが多いのです。

マルコの福音書10章23-45節 (抜粋) 先にいる者は当然祝福される立場に立っているのです。しかし、後にいる多くの人が先に福音を悟って先を行くようになる、とイエス様は仰います。 「先にいる者たちよ、あなたがたは、わたしが受けようとするバプテスマ、わた...

2022年04月03日

わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。

ヨハネの福音書14章22-24節 (抜粋) わたしたち人間は、確実なもの、目に見えるものを求めるのです。まず目的地を見せてほしいと主に申し出るのです。目に見えるものは信じやすいからです。 しかし主イエスはご自身が道であるとおっしゃいました。自分には全て...

2022年03月27日

キリストの自由

ガラテヤ人への手紙 5章1節 (抜粋) 私たち人間は生まれながらにして罪のくびきを負って生きています。私たちは罪の奴隷として生き、死を待つしかなかったのです。 しかし、イエス・キリストは私たちに自由をくださいました。主(しゅ)ご自身が代価を支払われ、...

2022年03月20日

いのちの君を殺しました。

使徒の働き3章11-15節 (抜粋) 「私はキリストとともに十字架につけられました」(ガラテヤ2:19)とパウロは告白しました。 キリストが死なれたように、あなたもまたキリストとともに十字架につけられたでしょうか。あなたが神様に従順になることをとおして、...

2022年03月13日

わたしはあなたがたに新しい戒めを与えます

ヨハネの福音書13章31-35節  (抜粋) イエス様の新しい戒めは、「わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい」というものでした。 イエス・キリストが指す愛とは、十字架のことでした。イエス・キリストは、十字架は栄光であると仰い...

2022年03月06日

何のために、香油をこんなに無駄にしたのか

ヨハネの福音書13章1-2節、マルコの福音書14章3-9節 (抜粋) イエス様はご自身の埋葬を予告されました。これはイエス様の人生の決断です。 ご自身の命を尽くして私たちを愛することを既に決めておられるということです。 その愛のクライマックスは十字架でし...

2022年02月27日

荒野の誘惑

マタイの福音書 4章1‐11節 (抜粋) わたしたちは信仰の旅路に荒野を経験します。 わたしたちには荒野で数多くの誘惑がやってきます。 わたしたちはどうすれば誘惑に打ち勝てるのでしょうか。 イエス様が道を示してくださいました。 主のみことばを心に刻み...

2022年02月20日

わたしたちは主の友です。

ヨハネの福音書15章18-27節 イザヤ書45章:15節 (抜粋) なぜ神は目に見えないのでしょうか。神はご自分を隠す神だからです。神は、人間の知識や感覚や理性を超えて存在するお方です。神は、被造物である人間の知覚判断の対象とはなりません。 神が目に見え...

2022年02月13日

満ち足りるという信仰

コリント人への手紙 第二 6章10節 ピリピ人への手紙 4章11~12節 (抜粋) 皆さんが信仰の道を歩むときに、2つの相反するものが同時に存在します。 苦難の中に、喜びがあります。その喜びは、苦難を飲み込んであまりある大きな喜びです。 ですから片方の側面...

2022年02月06日

私たちにも祈りを教えてください

ルカの福音書11章1節 (抜粋) イエス様は言われました。「悪霊どもがあなたがたに服従することを喜ぶのではなく、あなたがたの名が天に書き記されていることを喜びなさい。」 私たちは神様から権威を授けられましたが、その権威による力と奇跡を行えるようにな...

2022年01月30日

あなたのところに行かせてください

マタイの福音書14章:22-29節 (抜粋) このペテロの叫びが、私たちの祈りになるべきです。 本当に2000年前に来て私たちを救ってくださった御子イエス様は、今すぐにでも私たちに同じように働いてくださいます。 信仰によってアブラハムを義と認めてくださっ...

2022年01月23日

キリストの心をもつ私たちになりますように

第一コリント人への手紙2章14-16節 (抜粋) 日本人の文化は「恥の文化」であると言った人類学者がいました。日本人には、自分が所属していると考える集団の目に自分が特異に映ることを恥と感じる傾向があります。そして、日本人には恥をかくことを嫌う傾向が...

2022年01月16日

神の約束により頼みなさい

ガラテヤ人への手紙4章16-31節 (抜粋) 私たちは主なる神様の約束の言葉を人間的な水準で判断することがあまりにも多いのです。聖書の言葉に従うのではなく、「主よ、それはもうやってみましたが、うまく行きませんでした」と聞く耳を持ちません。使徒ペ...

2022年01月09日

すべてのことには定まった時期があり、天の下のすべての営みに時がある。

伝道者の書3章1節、11節 (抜粋) 「人間は必ず死ぬ」と聖書は語っています。『人間には、一度死ぬことと死後にさばきを受けることが定まっているように(へブル9:27)』とあるように、 人が死ぬことは確実であり、真理です。「 死なない」と教える宗教がある...