礼拝説教

御霊は聖徒のためにとりなしてくださるからです。


2022年11月27日

ローマ人への手紙8章26-27節
(抜粋)
天地万物をお作りなった唯一の神様は、私たちの心を探られる方です。(参照:エレミヤ書17章10節)本文27節は、この神様は御霊の思いが何かを知っておられると言います。
人間は何を祈ったらいいかすらわからず、人間の知恵や考えは御霊に遠く及びません。パウロは神の聖徒が享受する特権を証ししています。私たちの祈りが愚かで、
到底神様が聞き届けられないものであっても、御霊は、私たちの祈りを言葉にならないうめきをもってとりなしてくださり、神の御心にかなう正しい祈りを神様に代弁してくださるのです。
神様は御霊の思いを知っておられ、御霊の祈りを受け入れてくださるのです。ですから私たちは御霊と共に祈らなければなりません。

The Steadfast Love of the Lord

The steadfast love of the Lord never ceases His mercies never come to an end They are new every...

新しい人を着る

2023年01月29日

エペソ人への手紙4章22-24節 使徒パウロは、私たちが救われた後に脱ぎ捨てるべき「古い人」があり、...

神の前では、ことばを少なくせよ

2023年01月22日

伝道者の書5章1-7節 聖なるものを体験することを通して信仰は成長します。世が移り変わるとしても、...

聖なる者になりなさい

2023年01月15日

出エジプト記3章1-5節 ペテロの手紙第1 1章14-16節 出エジプト記3章は神様=主(しゅ)がモーセの目...