礼拝説教

『主の霊がわたしの上にある』


2023年01月08日

イザヤ書61章1~8節


信じる者は神様のみわざ(御業、働き)を見ることを願っています。
神様のみわざはどのようにして行われるのでしょうか。
神のみわざは、良き知らせ=福音を宣べ伝えることから始まります。
私たちの目の前で神のみわざが行われるとき、私たちの努力よりも先に、神の御言葉が既にそこにありました。
ですから、恵みは私たちが何かをすることによって得られるのではなく、宇宙の主権者であられる御霊から無条件に与えられるのです。
主権者である御霊が私たちに注がれるとき、私たちは正しく御言葉を伝え、正しく祈ることができます。
御言葉に従って歩み、御霊を求める者に、神様はみわざを現してくださるのです。

The Steadfast Love of the Lord

The steadfast love of the Lord never ceases His mercies never come to an end They are new every...

新しい人を着る

2023年01月29日

エペソ人への手紙4章22-24節 使徒パウロは、私たちが救われた後に脱ぎ捨てるべき「古い人」があり、...

神の前では、ことばを少なくせよ

2023年01月22日

伝道者の書5章1-7節 聖なるものを体験することを通して信仰は成長します。世が移り変わるとしても、...

聖なる者になりなさい

2023年01月15日

出エジプト記3章1-5節 ペテロの手紙第1 1章14-16節 出エジプト記3章は神様=主(しゅ)がモーセの目...