礼拝説教

『主の霊がわたしの上にある』


2023年01月08日

イザヤ書61章1~8節


信じる者は神様のみわざ(御業、働き)を見ることを願っています。
神様のみわざはどのようにして行われるのでしょうか。
神のみわざは、良き知らせ=福音を宣べ伝えることから始まります。
私たちの目の前で神のみわざが行われるとき、私たちの努力よりも先に、神の御言葉が既にそこにありました。
ですから、恵みは私たちが何かをすることによって得られるのではなく、宇宙の主権者であられる御霊から無条件に与えられるのです。
主権者である御霊が私たちに注がれるとき、私たちは正しく御言葉を伝え、正しく祈ることができます。
御言葉に従って歩み、御霊を求める者に、神様はみわざを現してくださるのです。

The Steadfast Love of the Lord

The steadfast love of the Lord never ceases His mercies never come to an end They are new every...

神の定めた計画と予知

2024年06月16日

本文:使徒の働き/使徒言行録 2章23-38節 ペテロの説教は、初期のキリスト教会において非常に重要な...

この神殿を壊してみなさい

2024年06月09日

本文:マタイの福音書26章59〜61節 イエス・キリストが捕えられて大祭司カヤパのところに連れて行か...

金銀は私にはない。しかし、私にあるものをあげよう。

2024年06月02日

聖書本文:使徒の働き/使徒言行録 3章1-10節 主(しゅ)イエスの弟子たちにとっての宮は、師をロー...