礼拝説教

行いと言葉


2022年09月04日

ルカの福音書24章19節
(抜粋)

この世に蒔かれた一粒の種、それがイエス・キリストでした。
私たちのもとに蒔かれた御言葉の種。御言葉が肉となり、私たちに御言葉の命を著してくださったのがイエス様です。
その種は地に蒔かれて、御言葉に従って死なれました。しかしその種は今に至るまで、おびただしい数の実りを結んでいます。
私たちもその実りの一つです。

The Steadfast Love of the Lord

The steadfast love of the Lord never ceases His mercies never come to an end They are new every...

わたしの望むことではなく、あなたがお望みになることが行われますように

2024年02月18日

本文:マルコの福音書 14章35-36節 ゲツセマネはオリーブ山という小高い丘にありました。主(しゅ)...

『何のために、香油をこんなに無駄にしたのか』

2024年02月04日

本文:マルコの福音書14章3-9節 ヨハネの福音書13章2節では、悪魔は既にイスカリオテ・ユダの心に、...

罪を犯さない自由を得る

2024年01月21日

本文:ガラテヤ人への手紙5章〜6章 クリスチャンは罪を犯す自由を得た人ではなく、神の恵みに対する...