礼拝説教

父のみこころ


2023年01月01日

マタイの福音書11章25-30節
(抜粋)

ユダヤ教の指導者たちがイエス・キリストを十字架につけたのは、彼らの心が頑固であり、神の御心を求めずに高慢であったためです。
イスラエルの民をイエス様に導くべき指導者や律法学者らは、イエス様が宣べ伝えた福音を受け入れませんでした。

イエス様が「休ませてあげよう」と仰ったのは、ご自身を受け入れるべき指導者たちに憎まれ、拒絶されるという大変な状況においてでした。
主(しゅ)イエスに従う者は、主の境遇を見るべきです。

イエス様を受け入れたのは、神の救いとは全く無関係のように扱われていた漁師や取税人、異邦人らでした。
彼らは幼子のように純粋で、貧しく、清い心を持っていたのです。

福音は常に逆説です。神のご計画は世の中の常識では計り知ることができません。「そうです、父よ、これは みこころにかなったことでした」。
神の御心は、神の御国を求める貧しく謙遜な者たちに現されたのです。

The Steadfast Love of the Lord

The steadfast love of the Lord never ceases His mercies never come to an end They are new every...

新しい人を着る

2023年01月29日

エペソ人への手紙4章22-24節 使徒パウロは、私たちが救われた後に脱ぎ捨てるべき「古い人」があり、...

神の前では、ことばを少なくせよ

2023年01月22日

伝道者の書5章1-7節 聖なるものを体験することを通して信仰は成長します。世が移り変わるとしても、...

聖なる者になりなさい

2023年01月15日

出エジプト記3章1-5節 ペテロの手紙第1 1章14-16節 出エジプト記3章は神様=主(しゅ)がモーセの目...