礼拝説教

収穫のために働き手を送ってくださるように祈りなさい


2022年01月02日

マタイの福音書9章35節~38節

(抜粋)

安息をいただいた者がすべきことは、種を蒔くことです。
涙とともに種を蒔く者は、喜び叫びながら刈り取ると言われます。
種を蒔くのは本当に涙が出るほど難しいことです。 しかし、蒔くことを止めず、熱心に蒔くべきです。
どんなに立派な建造物であっても、いつかは消え、崩れます。人々がその栄光を誇っても、肉は何の益ももたらしません。

ヨハネの福音書6章63節「いのちを与えるのは御霊です。肉は何の益ももたらしません。わたしがあなたがたに話してきたことばは、霊であり、またいのちです。」

いのちを与えるのは御霊です。必要なことは全て聖書の御言葉に記されています。
神の民が世俗の考えやおもむきを好み、中毒になるならば、神殿は廃れていきます。
私たちは自分のこころと体を、神からいただいた聖なるものとして守らなければなりません。



The Steadfast Love of the Lord

The steadfast love of the Lord never ceases His mercies never come to an end They are new every...

人間の奴隷となってはいけません

2024年05月05日

本文:コリント人への手紙第一 7章17〜24節 パウロは、割礼を受けることも受けないことも、どちらも...

苦難さえも喜んでいます

2024年03月24日

本文:ローマ人への手紙5章3節~4節 私たちは苦難を通して忍耐を学びます。忍耐を経て、神様は再び私...

神を信じ、わたしを信じなさい

2024年03月17日

本文:ヨハネの福音書14章1節〜7節 「あなたがたは心を騒がせてはなりません。神を信じ、また私を信...