礼拝説教

契約の血


2021年12月05日

マルコによる福音書 14章22~26節

(抜粋)


神の御国の栄光は、誰もが否定できない栄光です。
神の御国には嫉妬や恨みがありません。
その人がどのように愛の人生を生きたのか、その人がどれだけ愛の動機で自ら進んで犠牲を払ったかが分かるから、皆が心からの賞賛を彼に贈ります。

私たちが考える栄光は、復活、昇天、神の右の座につく、そういったものですが、それは間違いです。イエス様は、十字架が栄光だとおっしゃいました。

栄光が現される場というのは、まことの愛が現される場です。自分の権威を下ろしている場所が、栄光の現場です。大統領が、何者でもない市民の前に深く礼をして、その人の名を呼んでくれる。本当の栄光とは、権威ある方がわたしに近寄ってくださって、わたしの名前を呼んでくださる時に受けるものなのです。

The Steadfast Love of the Lord

The steadfast love of the Lord never ceases His mercies never come to an end They are new every...

キリストの心をもつ私たちになりますように

2022年01月23日

第一コリント人への手紙2章14-16節 (抜粋) 日本人の文化は「恥の文化」であると言った人類学者...

神の約束により頼みなさい

2022年01月16日

ガラテヤ人への手紙4章16-31節 (抜粋) 私たちは主なる神様の約束の言葉を人間的な水準で判...

すべてのことには定まった時期があり、天の下のすべての営みに時がある。

2022年01月09日

伝道者の書3章1節、11節 (抜粋) 「人間は必ず死ぬ」と聖書は語っています。『人間には、一度死...