礼拝説教

主なる神の御前に立ちなさい


2021年11月07日

本文:創世記4章1-12節
ルカ15章29節
『しかし兄は父にこう言った。『ご覧なさい。長年の間、私はお父さんに仕え、戒めを破ったことは一度もありません。
その私には、友だちと楽しめと言って、子山羊一匹下さったことがありません。』



「お父さんの愛は不公平だ。自分のほうがもっと義人なのだから、もっと大きな愛と権限を与えられて当然だ。」
私たちの基準はいつも相対的です。パリサイ派は、取税人よりは義人であり、取税人はパリサイ派よりは罪人である、これが相対的な観点です。
しかし、自分が罪人かどうかは、創造主なる唯一の神様の目で判断されるのです。



放蕩息子のたとえで登場する兄と父との間には、父と子の間にあるべき愛の連帯が見えませんでした。
放蕩息子である弟は、自分が誇っていたものを失った時に父の元に帰ってきました。一方、父のそばでずっと仕えてきた兄でしたが、
父に対する熱心さは、父に対する愛による熱心ではなかったのです。父のそばで純金のような熱い信仰を育む立場であるのに、
弟がどれだけ祝福されたかに関心がありました。あの人のほうが私よりももっと祝福されるのではないか。
私にはどうしてこんなに少ないのですか。お父さんの愛を測定して比べたりします。私たちが聖書を読むと、
パリサイ派の狭量が残念で仕方ありません。しかし彼らの心情の深いところを探ってみると、私たちにも同じ姿があるのであるが分かります。


The Steadfast Love of the Lord

The steadfast love of the Lord never ceases His mercies never come to an end They are new every...

キリストの心をもつ私たちになりますように

2022年01月23日

第一コリント人への手紙2章14-16節 (抜粋) 日本人の文化は「恥の文化」であると言った人類学者...

神の約束により頼みなさい

2022年01月16日

ガラテヤ人への手紙4章16-31節 (抜粋) 私たちは主なる神様の約束の言葉を人間的な水準で判...

すべてのことには定まった時期があり、天の下のすべての営みに時がある。

2022年01月09日

伝道者の書3章1節、11節 (抜粋) 「人間は必ず死ぬ」と聖書は語っています。『人間には、一度死...