礼拝説教

愛の許し


2021年09月19日

ピレモンへの手紙 (上)

パウロは、地上に生きているときのイエス様に直接会ったことも、直接話を聞いたこともありませんでした。
しかしパウロは、イエス様の御言葉を直接聞いた他のどの弟子よりも、御言葉を深く深く心に刻んだようです。
なぜなら彼はキリストの使徒になる以前はクリスチャンたちを誰よりも激しく迫害し、弾圧した残忍な罪人だったからです。
犯した罪の重さにもかかわらず、主はパウロの一切の罪を赦してくださいました。
「多く赦された者が多く愛するのである」というイエス様の御言葉が、まさにその通りパウロを通して表されたのです。
多くの罪を犯した者が、多く赦され、その心がくつがえされるならば、かえって多く愛するようになるのです。
なぜそうなるのでしょうか。彼の心が受け取った恵みが、犯した罪の大きさを覆うほど大きなものとなり、より大きな愛が心から溢れ出るようになるからです。

The Steadfast Love of the Lord

The steadfast love of the Lord never ceases His mercies never come to an end They are new every...

命の連帯

2022年12月04日

ローマ人への手紙5章12-21節 (抜粋) イエス・キリストは私たち全人類を罪から救い出し、私たちを...

御霊は聖徒のためにとりなしてくださるからです。

2022年11月27日

ローマ人への手紙8章26-27節 (抜粋) 天地万物をお作りなった唯一の神様は、私たちの心を探られる方...

わたしの荷は負いやすく軽いからです。

2022年11月20日

マタイの福音書 11章25-30節 (抜粋) 「くびき」とも呼ばれる「重荷」には様々あります。皆さん...