礼拝説教

愛の許し


2021年09月19日

ピレモンへの手紙 (上)

パウロは、地上に生きているときのイエス様に直接会ったことも、直接話を聞いたこともありませんでした。
しかしパウロは、イエス様の御言葉を直接聞いた他のどの弟子よりも、御言葉を深く深く心に刻んだようです。
なぜなら彼はキリストの使徒になる以前はクリスチャンたちを誰よりも激しく迫害し、弾圧した残忍な罪人だったからです。
犯した罪の重さにもかかわらず、主はパウロの一切の罪を赦してくださいました。
「多く赦された者が多く愛するのである」というイエス様の御言葉が、まさにその通りパウロを通して表されたのです。
多くの罪を犯した者が、多く赦され、その心がくつがえされるならば、かえって多く愛するようになるのです。
なぜそうなるのでしょうか。彼の心が受け取った恵みが、犯した罪の大きさを覆うほど大きなものとなり、より大きな愛が心から溢れ出るようになるからです。

Leeland - Way Maker

[Verse 1] You are here, moving in our midst I worship You, I worship You You are here, working...

ヤベツの祈り

2021年10月17日

歴代誌1 4:9 - 10 ヤベツは何を祈ったでしょうか。「私を大いに祝福し、私の地境を広げてくださいま...

アドナイ・イルエ

2021年10月10日

創世記22章1-18節 キルケゴールというデンマークの哲学者は、人間実存の領域を三つに分けて説明...

キリストの贖い

2021年10月03日

ピレモンへの手紙 (下) パウロはキリストにある兄弟に接するとき、その兄弟の信仰を絶対的に信じまし...