礼拝説教

毒麦のたとえ


2023年09月17日

マタイの福音書13章24節〜30節、36節〜43節

神様が存在するなら、なぜこの世界から暴力と争いが無くならないのか。この疑問に対して、マタイ13章の『毒麦のたとえ』は、悪は神様に敵対する者の仕業だと教えています。

その敵はどこから来たのでしょうか。神様がこの世界を創造されたのなら、神様は敵も自分で創ったのでしょうか。聖書は、神様が良い存在として創造された被造物が変質して悪魔になったと教えています。神様は悪の創造主ではなく、悪の被害者です。

時が満ちると、神様は全てを裁いて、善と悪を明確に分けます。そして悪は必ず最期を迎えます。裁きは、善と悪が選り分けられることを意味します。

神様に従って生きる人は、裁きに対する希望があるので、難しさにも忍耐して熱心に福音の種を蒔きます。そして、神様の前に正しい思いを保ち、善行と施しに飽きることがありません。

The Steadfast Love of the Lord

The steadfast love of the Lord never ceases His mercies never come to an end They are new every...

わたしの望むことではなく、あなたがお望みになることが行われますように

2024年02月18日

本文:マルコの福音書 14章35-36節 ゲツセマネはオリーブ山という小高い丘にありました。主(しゅ)...

『何のために、香油をこんなに無駄にしたのか』

2024年02月04日

本文:マルコの福音書14章3-9節 ヨハネの福音書13章2節では、悪魔は既にイスカリオテ・ユダの心に、...

罪を犯さない自由を得る

2024年01月21日

本文:ガラテヤ人への手紙5章〜6章 クリスチャンは罪を犯す自由を得た人ではなく、神の恵みに対する...