礼拝説教

かめの粉は尽きず、壺の油はなくならなかった


2023年09月03日

列王記第一 17章1節〜16節

預言者エリヤの時代、日照りが激しく、雨も降らず、露も降りず、あらゆる農作物が枯れてしまいました。パレスチナの地域では雨が重要です。乾期には雨が降らなくて、ヘルモン山から降りる露だけが降りるので農業ができます。イスラエルの罪のせいで、神様が罰を与える災いの期間がやってきたのです。災いは裁きです。しかし、人々が悔い改める期間になります。神様が生きておられることが確実になり、悔い改めることになり、日常から離れて、悔い改めの時間が与えられます。

イエス・キリストの十字架と復活は、言い換えれば、死ぬことと、よみがえることです。自分を無にすることで満たされる、と言われたら、皆さんはどう考えますか。世の中の判断は、無にすることは空っぽになるだけの愚かなことです。預言者エリヤが提示した道は、無にして満たされる道です。こんな状況なのに、神様はそんなことを願うのですかと戸惑わないでください。神様が、やもめの女性に願っておられたのは捧げ物ではありません。彼女に最後に残されていたものです。それは、食べて死のうと思った一握りの粉ではなくて、彼女の信仰です。彼女に最後に残されていたものは、信仰でした。彼女は絶望の中で、預言者の言葉に希望をいだき、信じて従いました。信仰は、願うことが難しいときに願い、無にしがたいときに、無にする力です。信仰を通して、人は初めて自分を神様に明け渡すようになります。このような信仰の心が集まるとき、神の御国は成されるでしょう。

The Steadfast Love of the Lord

The steadfast love of the Lord never ceases His mercies never come to an end They are new every...

わたしの望むことではなく、あなたがお望みになることが行われますように

2024年02月18日

本文:マルコの福音書 14章35-36節 ゲツセマネはオリーブ山という小高い丘にありました。主(しゅ)...

『何のために、香油をこんなに無駄にしたのか』

2024年02月04日

本文:マルコの福音書14章3-9節 ヨハネの福音書13章2節では、悪魔は既にイスカリオテ・ユダの心に、...

罪を犯さない自由を得る

2024年01月21日

本文:ガラテヤ人への手紙5章〜6章 クリスチャンは罪を犯す自由を得た人ではなく、神の恵みに対する...