礼拝説教

神は、ささげ物を望まれません


2023年08月06日

詩篇51篇16-17節

人々は常に自身が持つ何かを誇って生きていますが、それをもって主(しゅ)なる神の慈悲を買うことはできません。王の地位で捧げる生け贄には重要な意味があると考えがちですが、神にとってはそうではありません。主が求めているのは、ただ、砕かれた心と砕かれた霊です。イスラエルの人々は生け贄を捧げますが、それが主に喜びをもたらすわけではありません。詩篇の記者は、自分の影響力を自慢するのではなく、心から主に近づこうとしています。彼は完全に神の恵みにのみ依存しています。そのような礼拝は神に受け入れられるでしょう。わたしたちは、砕けた心をささげましょう。自分を完全に主に委ね、主を愛し、傲慢さを焼き尽くすとき、主はその生け贄を軽んじません。

The Steadfast Love of the Lord

The steadfast love of the Lord never ceases His mercies never come to an end They are new every...

わたしの望むことではなく、あなたがお望みになることが行われますように

2024年02月18日

本文:マルコの福音書 14章35-36節 ゲツセマネはオリーブ山という小高い丘にありました。主(しゅ)...

『何のために、香油をこんなに無駄にしたのか』

2024年02月04日

本文:マルコの福音書14章3-9節 ヨハネの福音書13章2節では、悪魔は既にイスカリオテ・ユダの心に、...

罪を犯さない自由を得る

2024年01月21日

本文:ガラテヤ人への手紙5章〜6章 クリスチャンは罪を犯す自由を得た人ではなく、神の恵みに対する...