礼拝説教

御霊に属するからだ


2023年04月16日

コリント人への手紙第一 15章35-44節

イエス様は十字架の死を受け入れました。自分が完全に死んでも神様はご自身を完全に生き返らせてくださる、イエス様はそう確信していました。十字架によって、イエス様の肉体と霊は完全に死に、完全な無になったのです。しかし、それから3日後に復活し、新たな御霊の体によみがえられました。

パウロは、この御霊に属する体を自分も着ることを願いました。この体は、人間が地上で生きるときの肉体とは異なります。主イエス様ご自身がふたたびこの地に来られるとき、キリストにある者たちもまた眠りから醒めて御霊の体でよみがえるとされています。パウロはこの御霊の体、天の住まいを着る望みを抱いていたので、血肉の体をまといながらも福音を大胆にのべ伝えたのです。

The Steadfast Love of the Lord

The steadfast love of the Lord never ceases His mercies never come to an end They are new every...

イエス・キリストによる完全な救い

2023年12月03日

ガラテヤ人への手紙2章1節〜6節 使徒の働き21章20〜21節を読むと、ユダヤ人にもイエス様を信じる人た...

神様の予定

2023年11月19日

ガラテヤ人への手紙 1章15節 "しかし、母の胎にあるときから私を選び出し、恵みをもって召してくださ...

カインとアベル その2

2023年11月12日

創世記4章1節〜7節 カインとアベルはアダムから生まれました。子供は親の様々な側面を受け継ぎま...