礼拝説教

キリストの前にひれ伏しなさい


2021年11月21日

マタイによる福音書8章1-4節


(抜粋)
病に冒された人が今日もたくさんいます。
生まれてから一度も愛された記憶がないというのです。
愛されたことがなければ、この世を彷徨うしかありません。
しかし神様に出会った瞬間、さまよう必要は無くなります。
イエス様に救われると、世間の話題が少しも面白くありません。
イエス様の話をすると嬉しくなります。
賛美が自分の感謝を美しく表現しているから、歌うと心が喜びでいっぱいになります。

私たちはイエス様の癒しを知る必要があります。
神様の愛が私たちの心をうるおし、その愛が全身にしっかりと流れることが重要です。
私たちは受け入れられることに生き甲斐を感じます。
受け入れられない人生は虚しいでしょう。
愛される場所を探し続けなければならない貧しい姿です。
しかし私たちは憤るのではなく、悲しむべきです。
自暴自棄にならず、イエス様の足もとにひれ伏して涙を流すなら、イエス様はあなたに触れてくださいます。

The Steadfast Love of the Lord

The steadfast love of the Lord never ceases His mercies never come to an end They are new every...

人間の奴隷となってはいけません

2024年05月05日

本文:コリント人への手紙第一 7章17〜24節 パウロは、割礼を受けることも受けないことも、どちらも...

苦難さえも喜んでいます

2024年03月24日

本文:ローマ人への手紙5章3節~4節 私たちは苦難を通して忍耐を学びます。忍耐を経て、神様は再び私...

神を信じ、わたしを信じなさい

2024年03月17日

本文:ヨハネの福音書14章1節〜7節 「あなたがたは心を騒がせてはなりません。神を信じ、また私を信...