礼拝説教

神の中に留まりなさい


2021年11月14日

テモテ第二1:7
アダムが過ちを犯したとき、神様は愛の訓戒のためにアダムの名を呼びました。しかしアダムは既に神の子としての権勢を捨てていました。
つまり律法による僕(しもべ)となる契約を自ら進んで結んだのです。自分が裸であることを知った今、かつて「私の骨肉」(創世記2:23)とまで言って愛した妻を神様に訴えました。
何としても自分の恥を隠そうと躍起になりました。妻であるエバを裁いて、更には神様にも非があると言いました。
アダムは愛の神を信じることができなくなり、自分から神を突き放して孤独の身となることを選びました。
塵のような存在に過ぎない私をなぜ愛してくださいますか、と祈ることはもうできなくなっていたのです。

私たちに何の功績も無いとしても、神様のそばに留まれば、神様は力と愛とつつしみの霊による神の子としての権勢を与えてくださいます。
それなのに、私たち人間は知識の実を食べ、偏った方法で権勢を得ようとしました。
本当の強さは愛を信じる力です。罪を犯してしまっても、誇れる義がなくても、裸の自分を愛する神様の愛を信じる信仰によって神様の前に出ていくことができる人が強い人です。
許しを求めて、茂みから主の前に出ていく人が強い人です。神様の中に留まり、罪を犯しても神様に着せていただける義の衣を着て、神様の前に出ていく者となりましょう。

The Steadfast Love of the Lord

The steadfast love of the Lord never ceases His mercies never come to an end They are new every...

キリストの心をもつ私たちになりますように

2022年01月23日

第一コリント人への手紙2章14-16節 (抜粋) 日本人の文化は「恥の文化」であると言った人類学者...

神の約束により頼みなさい

2022年01月16日

ガラテヤ人への手紙4章16-31節 (抜粋) 私たちは主なる神様の約束の言葉を人間的な水準で判...

すべてのことには定まった時期があり、天の下のすべての営みに時がある。

2022年01月09日

伝道者の書3章1節、11節 (抜粋) 「人間は必ず死ぬ」と聖書は語っています。『人間には、一度死...