礼拝説教

アドナイ・イルエ


2021年10月10日

創世記22章1-18節



キルケゴールというデンマークの哲学者は、人間実存の領域を三つに分けて説明しました。人間実存というのは、簡単な言葉で言えば、人生の生き方といえます。キルケゴールが説明したその三つの領域の一つ目は「美的実存」です。美的実存は、食べたり飲んだり、心地よさを求めて生きることです。二つ目の領域は「倫理的実存」で、これは倫理と良心に従って生きることです。そして三つ目の領域は「宗教的実存」です。

今、私たちが読んでいるアブラハムの話は、まさにその宗教的実存です。これは信仰の世界です。3つのうちの1つの領域に生きる立場から他の領域の生き方を見ても理解することができません。3つの領域のうち、もっとも難しく、従って水準が高い領域が、宗教的実存ではないでしょうか。私たちは、その世界を深く見出したいと願っています。聖書はまさに、私たちをその世界へと導く、真理の書物です。

The Steadfast Love of the Lord

The steadfast love of the Lord never ceases His mercies never come to an end They are new every...

命の連帯

2022年12月04日

ローマ人への手紙5章12-21節 (抜粋) イエス・キリストは私たち全人類を罪から救い出し、私たちを...

御霊は聖徒のためにとりなしてくださるからです。

2022年11月27日

ローマ人への手紙8章26-27節 (抜粋) 天地万物をお作りなった唯一の神様は、私たちの心を探られる方...

わたしの荷は負いやすく軽いからです。

2022年11月20日

マタイの福音書 11章25-30節 (抜粋) 「くびき」とも呼ばれる「重荷」には様々あります。皆さん...