礼拝説教

生きるにしても 死ぬにしても、私たちは主のものです


2021年09月05日

ローマ人への手紙 14章 1-12

パウロは、私たちには他者を批判することは出来ないと言います。
私たちは皆、主なる神様の僕(しもべ)なのです。
どうして僕が僕を批判することなど出来ようか、ということです。
あなたがたを裁くことのできるお方は誰か。それは、ただ主なる神様のみです。
だから、すべての判断を神様に任せなさい。
もしその人が倒れることがあったとしても、主には彼を再び立ちあがらせる
力があります。しかし、あなたが彼の信仰を批判して彼を倒すことを
してはならない、ということです。

The Steadfast Love of the Lord

The steadfast love of the Lord never ceases His mercies never come to an end They are new every...

悔い改めて神に立ち返りなさい

2024年06月30日

使徒の働き/使徒言行録 3章16-26節 (説教抜粋) ペテロは、イエスの名を信じる信仰がこの足の不自...

初代教会の誕生

2024年06月23日

本文:使徒の働き/使徒言行録 2章42〜47節 (説教要約) ペンテコステの日、ペテロの説教を受け入...

神の定めた計画と予知

2024年06月16日

本文:使徒の働き/使徒言行録 2章23-38節 ペテロの説教は、初期のキリスト教会において非常に重要な...