宣教奉仕

私たちは人生のあらゆる場面で創造主なる神の栄光が現わされることに専心します。創造主なる神は私たち一人ひとりに沢山の様々な天賦の才と能力を与えてくださったので、私たちはそれらを用い、それらを磨いて、他の人々に奉仕することを誓います。私たちが各々奉仕することの動機は、キリストの体である教会の一員であることに根差していて、私たちは私たちを用いてキリストがなさる御業(みわざ)の栄光にあずかるのです。私たちは、教会としてのさまざまな使命を果たすために様々な奉仕活動を組織し、明確なビジョンと機能を追求し、成長させ、信徒がより効果的に信仰を表現できるように訓練します。

祈り

祈りの奉仕では、創造主なる唯一の神に癒しと導きを求める人々のために、とりなし(仲介)の祈りを捧げることに尽くします。今日、さまざまな心の傷からの癒しの必要性は、これまでになく高まっています。神の切なる願いは、神の子らである人間が神の霊(聖霊)の働きによって改心し、天地創造の目的とイエス・キリストの生涯に従って、創造主なる神の子として生きることです。

教育

教会は、包括的かつ信仰的な基礎聖書訓練を通じて、唯一の神である創造主に関する知識を信徒に得させることに尽力します。聖書学習プログラムに加えて、神学教育機関との連携により、リーダーシップ教育と神学教育を通じて福音伝播への情熱を醸成する機会を提供します。私たちの願いは、多くの若きリーダーが創造主なる神の国に生涯を捧げ、全ての民族と国家を弟子とするために立ち上がることです。

青少年伝道

青少年伝道では、青少年と、青少年伝道に携わりたい人を対象に、聖書研究、弟子教育、伝道活動と実務奉仕の機会を提供しています。青少年伝道では、若者に歩み寄り、若者たちとの交流ネットワークを構築することが重要です。それは、大学などの学校は個々人が創造主である神に応答する重要な転換点であり、機会となるからです。私たちは、聖書研究と聖書理解を特に重視し、キリストの弟子教育の核心と位置付けています。私たちの目的は、若き世代を駆り立てて、彼らが「地の塩」(マタイ5:13)として目的主導型リーダーへと成長し、キャンパスを改革し、迷走する世代をキリストへ導くようになることです。

家庭

結婚は、創造主なる神による特別な創造です。旧約聖書『創世記』が教えるように、男と女は神のかたちに創造され、結婚によって結ばれ、2人は一体となるのです。男と女が神聖な結婚によって結ばれるとき、神の国に新しい家庭が誕生します。子孫という祝福を通して、神の国には新しいユニークな家庭が生まれます。キリストの愛を中心に据えるとき、結婚は人を完全にします。結婚は、献身、希望、励ましと理解を育みます。家庭伝道のビジョンはイエス・キリストを通して神聖な家庭を回復することです。私たちは、家庭と家族の諸問題に対して福音の真価を実践的なアプローチで表明し、クリスチャン信仰と家族の大切さを証明し続けていくことを目指します。