2020.07.15 黙りこんではならない

本文 旧約聖書イザヤ62:6

私たちが神様から頂いた祝福と権勢は祈りです。神様が働きかけるためには、私たちは祈らなくてはなりません。

私たちが祈るとき、神様は働いてくださいます。なぜなら、祈りによって神様の力を表す主権を頂いているからです。朝起きて祈り、食事で祈って、寝る前に祈るだけでは、何も起きません。

私たちは祭司のように自身と民の罪のためにとりなして祈り、また預言者のように神の国を祈るべきです。旧約ではモーセが祭司、エリヤが預言者であり、十字架のイエス・キリストが祭司、復活されたイエス・キリストが預言者でした。

そして、王としてのイエス・キリストを祈るべきです。『世の人々が教会を見て神様がイエス・キリストを遣わしたことを知るようにしてください。神様がどれほど私たちを愛しているかを、人々が皆知るようにしてください。』(ヨハネ福17:23)これがイエス様の祈りでした。

教会の使命は福音を宣べ伝えることです。主から頂いた祈りの権勢をもって福音を宣布しようではありませんか。